患者さんの家族の典型例|モンスターペイシェントの事例3

kurumaisu.jpgおばあちゃんがちょっと認知症だったんですが

車椅子に乗せるときに、痛い!痛い!って言ったんですね。


そのときに、息子さんが側にいて

「僕だったら、そんな風に乗せたりしません!!」って

怒鳴られたこともありますね。


じゃあ、お前がやれよ!!と思いましたが。


患者さんの家族って、目ざとい人に限って

あまり病院にお見舞いに来ないっていうのは常識ですね。

週に一回しかお見舞いに来ないがゆえに、

患者さんや私達のことも理解できていないので

トラブルが起こることが多いんですね。

サイト内関連記事

勝手に消える患者|モンスターペイシェントの事例1
最近覚えている患者さんのことなんですが、 その人は認知症があるので仕方がなかった......
やたらと怒鳴る患者|モンスターペイシェントの事例2
何もしていないのに、言葉遣い一つで怒鳴る患者さんもいます。 患者さんにも悪気はな......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

看護師の仕事内容とよくある悩み:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kangoshineta.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

コミュニティに参加